excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


特急「雷鳥」プロジェクト その①

 今晩は、junkyuです。連チャンでの更新となります。ついにわが「長男の部屋」でプロジェクト始動!昨日から言っていたL特急「雷鳥」Bトレ化作戦です。7月発売ですがお約束の「未組み立てを消化する」を優先してすでに持っている分で1編成作りたいと思います。まずは資料探しから。本棚をゴッソゴッソあさってとうとうすばらしい資料を見つけました(すいません、これから画像全般は土日にまとめます)。イカロス出版の季刊「Jトレイン」28巻です。2008年冬発売の本ですけど、いやあ、この時すでに本能が雷鳥を求めていたんですね(笑) この本の内容は、雷鳥編成1本ごとの非常に細かい特徴や写真がギッシリと詰まっていて、例の工場見学で見つけた組み立て済みの中間車をなるべく軽加工で済ませれるような編成をピックアップしていきます。僕自身JR車両は好きなだけで通学に使わないから阪急よりもよく分からない所だらけなんで、これを読んでくださっている皆様と一緒に「1から勉強」状態でスタートですw
 まず基本から。たいていのJR車両のモーター積み車は「2両1組」となっています(これをモハユニットといい、モハという言葉については後ほどじっくりw)。1両にパンタグラフ(以下パンタ)があり、もう1両さらに動力車をつないで力を増しているわけなんです(パンタというのは電車の屋根についていて架線から電気を受け取るひし形をしたものです)。この「雷鳥」は両先頭車、モハユニット×3、グリーン車1の9両編成で成り立っているのですが…
 ①、実は先頭車がグリーン車で中間に付随者(動力なしの車両のこと)が入っているのがほとんど
 ②、その付随車がパンタを撤去した元モハであることが多い
 ③、先頭だけでかなりのバリエーションがある
   ということが判明しました。 では順に説明します。まず①はつまり本物でいうと「1号車がグリーン車」だったということです。これは持ってないだけで製品化されているので買ってきます(笑) 次に②は、そのままの通り、思いっきり屋根の改造が必要ですね。改造したら塗り直さないといけませんね。1両だけ塗り直すと色がまちまちになりますね。つまり9両全部屋根を塗り直さないといけませんね(泣) そして③は絶対にはずせない所ですから、必要ならば全力で加工します。 っということで濃すぎて分かりづらかったかもしれませんが、今日は「雷鳥の説明と気になる点」でした。ではまた。
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-16 00:21 | 長男の部屋
<< 特急「雷鳥」プロジェクト②+絆 久しぶりに… >>