excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブログ開設しました!2009年3月5日

(私のプロフィールと近況など少々)
今年49歳(卯年生まれ:2012年現在)、家族構成;長男(92年生まれ今年20歳・大学薬学部1年)、長女(2001年10月生まれ・今年小学5年)、妻(2歳年下)、義母(1943年生まれ、同居はしておりません。)〕です。

(オーディオ履歴)
親のスネをかじって、同級生の指導にて、大学2年の83年6月に初めて以下の機材を購入したのが始まりです。(以下、総額30万円程、在学中にバイトして両親に返済しました。w)
スーピカーYAMAHA NS-200M、ADP;DENON DP57M、DL-103、AMP;LUX L-410
カセットデッキ;AKAI GX-F71。後、これらは妹に譲る。このうち、DL-103とアームパイプのみ現
在もメインにて現役使用中です。これらは今も実家の宮城県の実家2Fの自分の部屋で、今は役目を終え静かに眠っております。

その後(就職して1年後の87年2月、札幌市内の老舗オーディオ店:「CAVIN大阪屋さんにて購入」)
スピーカーずっと手に入れたいと思っていたONKYO Monitor 2000(中古)、ADP;DENON DP59L、AMP;A-819XX、カセットデッキ;A&D GX-Z7000、CDP;ケンウッドDP-1100D。
(当時、今でも大好きな    さんっ!と一緒に聴いた、とてもとても大切な思い出の機材群であります(;O;))
→DP-59Lは現在メインADPとして使用中っ!ついでにオーディオラックも札幌の大阪屋さんで87年当時79,800もしたのですが、このラックも現在、別宅で使用中なんですよ。一生、メインで使い続けますっ。A-819XX、A&D GX-Z7000、ケンウッドDP-1100Dは、別宅にてもちろん大切に保管中です。2007年2月14日に、ONKYO MONITOR 2000が山形のオーディオラボ小川さんのフル・オーバーホール(12万円かけましたっ!)から戻ってきた日に、試しにA-819XX、DP-1100Dの思いで深い往年の組み合わせで鳴らしてみたところ、ナント12年振りに音出し可能でしたっ。超絶っ感動いたしましたっ、札幌時代がまるで走馬灯のように思い起こされ、ただ、ただ感涙っ・・・(泣っ

☆A-819XXは真空管アンプで有名なトライオードさんが昨年立ち上げた機器修理工房「タレス」にてオーバーホールを依頼する予定です。DP-1100Dもなんとか修理し、一生涯、使用しつづけたいっ、と想っております。見事修理完成と相成りましたら、かならずや当日記にてご報告することを誓いますっ!

95年から2007年2月までオーディオ中断(機材放置)。しかし、この月に突如、オーディオ熱再開、
まず、先ほどお話したスピーカーのMonitor-2000(今の私のハンドルネームにしております)を山形audiolabで12万円かけてフルレストアし、オランダのAH!ブランド・プリメインAMP;プロローグ2&CDP NT4000ノーマル仕様もその店で注文・購入し、現在にいたっております。
ADPは2004年4月に手放したDP59LをHiFi堂日本橋店さんにて再度(中古)購入(2007年8月)、先の83. 6月購入のDL-103とDP-57Mのアームパイプを移植しオーディオテクニカのフォノイコATーPEQ20(2007年3月ヨドバシ梅田店の新品購入)、D級PWN方式手乗りデジタルアンプ・TOPPING TP-10 MARKⅡ、Ⅲ(2009年5月購入)がすべての手持ち機材です。2008年11月、幸運にもsepter5001を導入出来るも、あるえにし・御縁(感謝です)から、メインスピーカーはついに憧れのONKYO GS-1 グランセプターに(スピーカーは青春の札幌時代から、ずっとONKYOですね)。「タイムドメインは新しい世界を啓く。」いざ、新大陸へ出航っ!!
[PR]
# by M_-2000 | 2009-03-05 23:23 | プロフィール | Comments(2)