「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

10/13 地元(大阪)audio off 会、valve845さん邸ご訪問

一同、DD66000とFMアンプの奏でる音の余韻も覚めやらぬ中、後ろ髪を引かれつつ、JAZZLANDさんとお別れし次なるご訪問先であるvalve845さん邸のある大阪府豊能郡にそれぞれの車で移動いたします。katyanさんとRYOさんは今晩一泊のご宿泊先をごくお近くに取られたとのことでした(こちらはkatyanさんのレポートをご参照ください。)
私はRYOさんの愛車プリウス組に便乗させていただきました。夕飯時、RYOさんと私、ともにジョッキにて生中をごちそうになってしまいまして、katyanさんにドライバーチェンジをよぎなくされまして、目的地に向かいました。(katyanさん、午前中からのお疲れのところ、重ねがさねに誠に申し訳ございませんでした)。
valve845さんと簡単な打ち合わせの後、発進いたします。私はEV車への同乗は初めてだったのですが、RYOさんのプリウス号、まるで水スマシのごとく噂どおりに静かな走行でございました。

目的地到着までのドライブ行程は一時間程だったでしょうか?まずは先ほどのご宿泊先「ハイジの家」チェックインにもご同行させていただいた後、待機していただいていたvalve845さんの先導にて、いよいよ巨大スピーカーと直熱高電圧無帰還トランス結合真空管845アンプの待つvalve845さん邸に到着です。
車は数台余裕で収納できる、山と畑に囲まれた日本家屋のお屋敷で敷地は数百坪はございますでしょうか!!、壮観です。valve845さんメイン機の大きなスピーカーが置いてある8畳と6畳の吹き抜け部屋に一同向かいましたが、その脇にはご自分で建設中というログハウスもございました。
b0161727_20302288.jpg

玄関口からこれまたワイドな土間を経てお部屋へ上がりますと・・・見たこともない組立て中巨大球アンプに思わず目を奪われます・・・。
b0161727_23483680.jpg

そして、メイン機が・・・つ、ついに念願のご対面ですっ(@_@;)
b0161727_20252096.jpg

圧倒的迫力に感嘆!歎息しつつ、皆様ここはやはりしばし撮影に力が籠ります。
b0161727_2023232.jpg

valve845さんご自身の手になる完全mod!!の、「直熱高電圧無帰還トランス結合真空管845ppアンプ」です。いったいどんな音がするのか・・・想像もできませんっ\(゜ロ\)(/ロ゜)/駆動するこれまた完全modな電源部(SW電源)にも手抜かりはございません。
b0161727_2134564.jpg

超弩級845pp・・・一本あたり1,000ボルトの驚異が眼前にっ、その4基が揃い踏みっ!!!!
b0161727_21401198.jpg

お手製ボリューム・ボックスの上にはLow, Highチャンネルフィルターです。これから4基の845ppによる2wayユニット直結マルチ駆動の構成。1Khz-cut・6dB/oct・2chのチャンネルフィルター使用にて、ネットワークレスです。spケーブルはとてもプライマリーなaudio technica製4sq撚り線ケーブルで、太いです。細い単線ですとダイナミクス減退とともに音が遠くで鳴っているふうに聴こえちゃうそうです。適材適所なんですね。
b0161727_21353416.jpg

valve845さんのサイトから拝借っ)フィルター内部公開、CRのみでスパー・シンプルっ!丸い金色はHigh専用アッティネーターの裏面です。
b0161727_2136044.jpg

高品位なHigh専用アッティネーターの全容。
b0161727_21361841.jpg


<主なシステムのまとめ>
・SP:46 cm(18インチ)ウーハーEVX180B、ドライバーDH1A、ホーンHP9040 ウーハーツインで各4基
・PW-AMP:完全mod 直熱高電圧無帰還トランス結合真空管845pp 4基
・sp cable:audio technica 4sq(型番不詳)
・お手製ボリューム・ボックス+1Khz-cut・6dB/oct・2chのチャンネルフィルター マルチ駆動
・CDP(SACD):DENONのSACDプレーヤー DCD SA1、予備にSONY SCD1

夢中になっている中、ついに演奏の開始です。
まずはkatyanさんご所有のAUDIOBASIC2011年10月号の付録のCD「驚異の和太鼓」・・・
「・・・」
すさまじい迫力に、唖然、ボーゼンっ 
異次元にブッとんだ・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

まとまりの良さは驚異的 音像は見事なまでに眼前に定位する。ミクロ的な繊細さもオッケー これが845ppの凄さなのか・・・「EVX180B」46cm(18インチ)から繰り出されるスケールは雄大・・・みなぎるぱわーのがぶり寄り・・・

EVシアタードライヴァーDH1Aの瞬発力は並みではないとか。まさしく。

いろいろのソースを聴かせていただいたり、周波数特性を計測したりした・・・

高音が低音が、という概念はどこか彼方に吹き飛んでしまってる

音楽に浸れる驚異の音っ


22時過ぎくらいまで、視聴タイムは3時間程があっという間でした。「火を入れてから6時間経過後がゴールデンタイム」とのことでしたが、本日の私、終電が気になり時間切れ、ここまでとあいなりました。明日は再び午前の視聴タイムにkatyanさん、RYOさんのみご参加となりました。katyanさん、RYOさんとのお別れが辛かった(>_<)また固い握手です。

valve845さん、お疲れのところ最寄駅までお送りいただき誠に有難うございました。

次の機会には、6時間経過後のエロい音(失礼っ<(_ _)>)が是非体験したい、M_-2000でした。(了)
[PR]
by M_-2000 | 2012-10-21 14:43 | Audio オフ会 | Comments(10)

10/13 地元(大阪)audio off 会、JAZZLANDさん邸ご訪問

さて10/13(土曜)ですが、katyanさんRYOさんそして私の3人で昼食をご一緒したのですが、JAZZLANDさんにもお声を掛けたところ、お昼は済ませたけどすぐ近所なのでお店に伺うとのことでしたので、お昼は4人での歓談となりました。皆様、初対面にもかかわらずそこは共通の趣味を持つ強み、兎に角話題にはこと欠くことがなくて、お互いの自己紹介も含め、お話に花が咲きました。そして、無事に昼食&初顔合わせも済ませまして、ここから徒歩5分程のJAZZLANDさん邸へと一同移動いたします。途中、JAZZLANDさん邸の間近にすでにお車でお着きになっていたvalve845さんからも着いたよ~とのご連絡もありまして、無事に合流できましていよいよJAZZLANDさん邸に到着です。

早速、邸内です。オーディオファイルなら憧れ・垂涎の的、完全防音roomです。入り口ドアの厚さをご覧ください。wedth 10 cm程もあります。ご参考までにお値段を拝聴いたしましたところ、100輸吉っとのことでした!
b0161727_20422336.jpg


<主なシステムご紹介>
b0161727_21291276.jpg

SP:JBL DD-66000
Pre-AMP:Accupase C-2410(貸し出し機)←FM-255 MKⅡRはご購入後の到着待ちとのことでした。
PW-AMP:FM411 Mk-Ⅱ
CDP(SACD):Lux P-08
ADP:DENON DP-A100
Phono EQ:Phase Tech EA-3
MC-Cat:AUDIO-TECHNICA AT-OC9ML/II
SP-CABLE:REAL CABLE HD TDC600
XLR:REAL CABLE XLR 12165
<JAZZLANDさんのプロフィール>(ご自身のPhile-webからの一部抜粋)
オーディオ歴30年JAZZ大好き
LP3000枚CD2000枚 ご所有
JBL DD66000をFMのアンプとLINN KLIMAX DSで自由自在に操るオーディオ界の怪人二重面相
会社役員をされておられます。

まずは一同、初見のルーム内にて、名だたる設置機材の数々の撮影に、余念がございません。
興奮冷めやらぬ内、いよいよ待望の視聴TIMEの到来です。この一瞬はいつも、ドキドキ、わくわくいたします。
そして・・・SPから序々に発せられてくる第一音。それを聴いて、思わずRYOさんと目を見合わせうなずきあいました。「空気感、出てますね・・・」
ここから一同、JAZZLANDさんが次々と掛けてくださるCD, SACDをただ黙々と、拝聴modeに突入です。
途中、JAZZLANDさんがいつも聴かれる音量に設定いただきました。JAZZLANDさん、けっこうイケてる音量でございました(防音ルームですから・・・)。RYOさんの計測値をお尋ねするのを失念いたしました、残念っ~。で、場もこなれてきたところで、皆様ご持参CDの視聴TIMEに。私も持参の女性Vocal、先々週ブログにupしたDoubleさんの「Stranger」を掛けていただきました。いや~、参りました。DD66000から繰り出される低音の響きの凄いことといったら・・・収録されてる低音が、下っ腹にズズ~んと響いてくるのです。まるで、マッサージのように・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/
RYOさん:『これが38 cm ウーハーの威力ですね。』 そうでした、DD66000は、 この38 cm ウーハーを片chツインで搭載しているのでありました、両chなら合計4基。サランネットの下に隠されてるのでうっかりしておりました。超高額AMPにてドメスティックな環境下で鳴らされてるこの巨大ウーハーの音を、私は初めて聴いたのでした。38 cm、聴きしに勝るヤバさ・・・アァ~(@_@;)
きっと、緻密にしつらえた超絶防音ルーム内にあってこそ生き生きとなるDD66000なんでしょうね。ちなみにSP台は九州のサウンド・トレールさん謹製の特注品で高品位なものでした。
b0161727_23291119.jpg


会も後半、こんどはアナログの出番です。こちらもかな~り、ヤバい音。
私の耳には、クリアーかつ高品位、とっても新鮮な音に聴こえるのでした。非のうちどころがございませぬ。
(心の中で、思わず参りましたとつぶやいておりました。)とにかく、ずっとこのまま聴いていたい音。しかし、アナログの音って、どうしてこんなにも心地良い響きで鳴るのでしょう、不思議ですっ。DENON の新作ADP、DP-A100とPhase Tech EA-3、AUDIO-TECHNICA AT-OC9ML/IIの組み合わせにてこんなにも良い音を出しておりましたが、それなのにJAZZLANDさんは、古えの超ビンテージ・ガラード301のでっど・ストック未使用品を所望だそうです。果てしなき更なる野望~。

この後は一同お腹も鳴りだしまして、自然とおひらきに。JAZZLANDさんいきつけのお店で中華(トリのから揚げ、エビのから揚げ、餃子、麺類等)を美味しくいただきました。
b0161727_23185511.jpg

JAZZLANDさん、貴重なお時間を頂戴し凄い音もお聴かせいただき、本当に有難うございましたっ(^O^)/

(つづく)
[PR]
by M_-2000 | 2012-10-20 20:16 | Audio オフ会 | Comments(8)

10/13、地元(大阪)Audioオフ会にお誘いいただきました。(*^_^*)

こんばんはっ!

13日(土曜日)昼過ぎからですが、久しぶりの地元(大阪)Audioオフ会に急遽参加させていただきました。

ご訪問先となる2件を、先にご紹介をいたします。
【1】 JBL DD66000と名機FM411ご愛用の大阪市内のハイエンダーで高名なるJAZZLANDさん邸。
【2】2way Hornで1基あたりナント超特大・EVの46 cmウーハーをツインで搭載!こちら4基(ウーハー合計8発!!)をこれまた完全ご自作!!845 ppのトランスドライブ・タワー型超弩級球AMP 4基にて日々熱く鳴らされておられるvalve845さん邸。

貴重なるお誘いをいただいたのは、2009年3月に私が当エキサイト・ブログ開設並びにmixi登録するにあたり、背中をおしてくださり、また多大なご指導をいただいた大恩人、RYOさんです。同じく愛媛の重鎮Katyanさんと共に早朝からお車でお越しになり、午前中は神戸でのお仕事を優先された後、私が合流をさせていただき、3人で昼食もご一緒できました。

RYOさん、いや~、この日が来るのが本当に長かったです。ようやくに直接お会いすることが叶いまして、感激のあまり、Katyanさんと共に邂逅直後の力強く熱い握手の感動がっ!!一生の大切な鮮やかな思い出としてまた一つ、胸に刻まれましたっ!
                                                                (続く)
[PR]
by M_-2000 | 2012-10-14 19:20 | Audio オフ会 | Comments(10)

「Stranger」

コルトレーン御大の名演を聴いて、Stranger気分?を少々味わったその後に続きますのは・・・

この時期やっぱり聴きたいオータム・バラッド。

アルバムタイトルもそのままズバリ、「Double Ballad Collection ~ Mellow」(2010)。
DoubluさんのJ-popで、これまた曲名が「Stranger」。冒頭の一曲目になります。

うまく繋がっております。

出会いがあれば、別れもまた必定

形あるもの、皆壊れゆく運命・・・

恋はいつか消えるもの

だけど、愛は残ると信じてる 

別れの悲しみの中にも、未来に向けた希望を得ようとする、そんな切ない祈りにも似た想いが心に染みてくる。

いい歌です。


[PR]
by M_-2000 | 2012-10-08 14:44 | 音楽 | Comments(4)

「Ballads」

オーディオを聴くのに、これぞ好適っ! な季節がやってまいりました。

2週間前と違い、もうクーラーはいりません。

拙宅のプリメインアンプは真空管なので、ことのほか好ましい時期なのです。

「夏が好きっ!」と申しておりますが、このことはまた別で(*^_^*) にゃはっ

ヤケドするほど熱くなるアンプのために、室温設定をあれやこれやと気にする必要からひと手間解放され、いつになく音楽を聴く気持にも余裕が生じます。

そして・・・

「☆カッチョいいJAZZ ♪ そうだ、バラードなんぞを、一丁、聴くべぇかぁ~」 と。

ばらーど といったら、コレ。

コルトレーン御大の「Ballads」。後世に確実に残るJAZZ名盤。多くは語りますまい。
一家に一枚、イヤ、複数枚?(@_@;)

一聴すれば忽ち別世界。

そこは場末の酒場。葉巻をくゆらせながら、苦虫を噛み潰したような顔で強い酒をアオっている男が一人・・・


「まったく、人生ってやつは・・・」 なんてネっ   気分はもうStranger~(^O^)/



くつろげる一瞬。
[PR]
by M_-2000 | 2012-10-06 23:35 | 音楽 | Comments(8)

夏の余韻

今年も、大好きな夏が来た~とはしゃいでおりましたら・・・
あっという間、ほんとに、「あっ」という間に過ぎ去った夏  あぁ・・・

『どうして、そんなに夏が好きなのか?』 と問われれば

「出会いの季節だから」 と答えます。

予期せぬ出会い、必然といえる出会い、運命の出会い と いろいろあるかと思いますが

ひと際、印象深いものになると思うのです、鮮烈なる出会い。

2週間振りにオーディオしながら、そんなことを考えておりますと

急に突然、思い出したように聴きたくなりましたこの一曲

「黒のクレール / 大貫妙子」。
 ・CDアルバム:「Cliché」 (1982/9/21)の一曲目
 ・作詞、作曲:大貫妙子 編曲:坂本龍一 大貫妙子

日立マクセルカセットテープのCM曲に採用され、TVでも流れておりました。

購入したのは初任地の札幌、87年春先で、CDアルバムが一枚定価3,500円の頃です。初めて聴いたのは大学1年の初夏に、下宿の先輩の4年生から借りたLPから録音されたカセットテープでした。

「うわぁ~、かけるの何年振りだろ~♡」 と、いつもながらワクワクする一瞬。
そして、リモコンのスイッチONっ!!

懐かしい とても・・・(T_T)

  「ねぇ、大貫妙子って、聴いたことある?」
  「知ってるぅ~、なんか幻想的な感じ・・・だった かな」

これからもずっと変わることはない...

そして、数多(あまた)生まれたであろう、今年の素敵な出会い達にも カ ン パ イ っ☆




SP:ONKYO GS-1
AMP:AH! Prologue 2
CDP:AH!NT4000
Super Twitter :fidelix AH-120K
SPEC RSP-101 (add on)
[PR]
by M_-2000 | 2012-10-06 21:14 | 音楽 | Comments(4)