「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6月15日(金)外山安樹子さんTRIO大阪初Live!!

6月15日(金)はJAZZ ピアニスト外山安樹子さんTRIOの大阪初ライブに行ってきました。
会場は、大阪・西梅田のJAZZ ON TOP

6月15日(金)
 ★外山安樹子トリオ
外山安樹子(P)関口宗之(B)秋葉正樹(Ds)
19:45~/21:30~

昨年10月、友人たもたもさんのエキサイトブログの日記で外山さんのCDが紹介されておりまして、3rd Alb の 「Ambition」を視聴し、即購入したのが初まりでしたが、その演奏と美しさには魅了されておりました。

ベースの関口さんを中心に、右にはドラムの秋葉さん、そしてピアノの外山さんが左側です。たもたもさんも開演までに間に合って無事合流し、ピアノがすぐ目の前のお席になりました。

直ぐそこで、外山さん、関口さん、そして秋葉さんが演奏をしているっ!
それだけども鳥肌が立ってきます~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

先の3rd CDでおなじみの「May Journey 」や「Waiting For You」、「Bassi Samba」、「Wish in the Dream」にはとても感動しました。自分のAudio装置で、何度も聴いてる曲です。

すぐ間近の目の前で観れる演奏、やっぱり良いですね。感無量ですっ!

1st ステージ後の休憩時には買いそびれておりました外山さんの2nd Alb 「All is in the Sky」と、現在、在庫は市場かぎりとなって入手困難なファーストリーダーAlb 「Lilac Songbook」からの4曲が入った今回のツアー限定・特製CDを無事にゲットできました。それも、メンバー3名のサイン入りですよっ~(*^_^*)

つづく2nd ステージでは、サプライズが用意されておりました。

ゲストでサックスプレ―ヤ―の菊池康正さん、ギタリスト愛川聡さんのお二人が1曲のみ緊急参加です。

トリオにサックス、ギターが冴えわたる素晴らしい演奏っ!
そのプレゼンスはまさに音楽の神様が舞い降りてきたかのようでした(絶句。

ただ感動っ・・・

あっという間の3時間でした。

そして、5人のプレ―ヤ―の方々との記念写真までいただき、素晴らしい思い出の一日を過ごすことができました。アラウンド・フィフティーの黄昏期に差し掛かった人生ですが、素晴らしい演奏と新たな人達とのふれあいに感謝っ、な一日でございました。

b0161727_12574627.jpg


たもさん、また行きましょうっ
[PR]
by M_-2000 | 2012-06-17 09:42 | コンサート | Comments(7)

IN REAL LIFE / ROBBIE DUPREE (1989)

忘れられない大切な思い出があります。

そして、それをいつも思い出させてくれる大好きな曲・・・。

どうして、こんなにも優しく、切ない声で歌えるのでしょう。

心にどうしようもなく響いて、いつも胸が一杯になります。

そんなSAD SONG・・・。



[PR]
by M_-2000 | 2012-06-11 22:10 | 音楽 | Comments(0)

2012年3月30日は札幌へ24年振りに・・・「I CAN FEEL YOUR HEART」

久しぶりの更新になります。

長男の大学受験も無事終了し、春休みを利用して、その他諸々の慰労も兼ね、久しぶりにどこかに遠出しようということになりました。

そして、家族が選んだのは北海道。

目的は札幌市内・小樽観光及び旭山動物園。

私は会社から2日休みをもらいまして3/30 ~ 4/2まで3泊4日の旅行とあいなりました。

実は私、入社後の初任地が札幌でした。今の大阪に来る前の86年6月~ 88年9月末まで、地下鉄南北線の最終駅「地下鉄自衛隊前」、澄川3条6丁目に住んでおりました。私にとっては第二の心の故郷とも言える札幌。一生涯、決して忘れ得ぬ大切な、大切な思い出がある札幌。ここを離れてからもう24年も経ってしまったなんてっ!
信じられない程です。

詳細な旅行記、長男のブログに託しました。私は胸がとてもとても一杯になって、書けないのです・・・。

何もかもが、懐かしい・・・。

旅行を終え、ただ一つ言えるのは・・・「I CAN FEEL YOUR HEART」・・・。この歌を。


<邦訳>
『今日、写真のなかの 君の顔を見た いまだにあの笑顔を思い出す 忘れるのはたやすいことじゃない
君のやさしい声をすいぶん聞いていないよ 別れると決めたのは僕じゃない いまここで感じる君の心
思いは消えない まだ僕を好きでいてくれるかい どこにいても君の思いが伝わってくる 目を閉じると
君がここにいるような気がする どこにいても君の思いが伝わってくる 耳にするどんな歌にも君の思い
が流れている 君をまじかに抱きよせられたらいいのに 愛の強さを語りかけるさまざまな歌 高鳴る僕
の胸に君の思いが重なる 一生 君を待ちつづけよう それくらいどうってことはない いつまでもこの甘
い恋に浸っていよう 目を閉じれば 時は止まる 君の心は僕とともに 耳にするどんな歌にも君の思い
が流れている 君をまじかに抱きよせられたらいいのに 愛の強さを語りかけるさまざまな歌 高鳴る僕
の胸に君の思いが重なる 一生 君を待ちつづけよう それくらいどうってことはない いつまでもこの甘
い恋に浸っていよう 目を閉じれば 時は止まる 君の心は僕とともに 君の心は僕とともに』
[PR]
by M_-2000 | 2012-06-10 14:02 | | Comments(7)