excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ついに封印が…

 こんばんは、junkyuです。火曜日にちょっと日本橋に行ってきました(学校帰りなのは秘密w)。まあなんか「欲しいのがあったら目をつけておこう」程度だったんですが、雷鳥のボン、パノラマ車がない…どこにも売ってない…他の予想外な収穫Bトレはあったんですけど。今日話すのはBトレでも絆でもありません。

  実は人に言うのが恥ずかしくって黙ってたんですが、もう一つだけ(これがホンマに最後の趣味ですw)ひそかに続けていたことがあります。それは…

     プラレール収集です。 ほら、次第に周りから白い目線を感じるぞ(笑) 記憶にない幼少期から常に僕の傍にいたプラレール。どうしても捨てられず、中学一年生の前半まで遊びはしないが集めてました。そしてBトレ一本になり、絆を始めて…と現在に至ってるんですが、この火曜の日本橋で、スゴイ物を発見しました!Bトレを探していて、後ろを振り返ったら、超昔(昭和42~3年くらい)の、本でしか見たこと無いプラレールが山積みされてたんです!店の人も価値が分かっていたようでかなりのプレミアがついていましたが、オークションで数十万してた物が一万五千円程で売られているのもありました。 こっこれは…買うしかないっしょw ついに4年の時を経てプラレの封印が解かされました。。 この前にBトレの所有数について書きましたが、こっちも結構あるんですよね…またプラレールを良くご存知の方が来られるようであれば(多分なくてもw)たまにUPしようかと思います。っていうか「なつかしい!まだ家のどこかにあるぞ!・捨て場に困ってた・誰か引き取って(これは虫が良すぎるw)など」という人は、あつかましいことこの上ないですがコメントに清き一票を入れてください。全力で相談(商談とも言うw)に臨みますよ(笑) では今日はこのへんで。 
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-29 22:45 | 長男の部屋 | Comments(3)

たて続けですが…

 こんばんは、二夜連続のjunkyuですw 今日はとてもスゴイことが判明しました。といっても、また「プロジェクトが不都合でなんたら…」ではなくて、純粋にスゴイことです。 ではスゴイことを説明します。

 阪急プロジェクトに向けて倉庫を整理していた僕。いろいろ探して部屋いっぱいにちらかしていたら、ふと気づくと周りは工場見学でUPした通り箱だらけ。さらにふと「一体俺は何両のBトレを所有しているんだろう?」と考え、とりあえず完成、未完成含めて数えてみました。「どうせあっても300両もないだろう…」と思いつつ数えると、あるわあるわ、次から次へとどんどんでてきて止まらない、というか止まる気配すらない(笑) しかも側面パーツだけなくなってる物・前面パーツだけなくなってるもの・組み立て説明書だけ出てきて肝心の中身が無いものw(当然未組み立てで)とか奇想天外な輩が2,3人いたんですが、それも一応勘定にいれてみると…


 なんと521両! しかもその中で関東・四国・九州などのいわゆる「お土産&衝動買い系」に属するものが約110両ほど、つまり全体の20%も占めていたのです。合計にも驚きましたが、関西資本の私の中に20%も他の物が入っていたなんて…自分で買っといてかなり唖然となりましたよ(笑) まあこれで間違いはないと思うんですが、なんていうか、まだどっかから出てきそうで… だって、これ数えていた時も本棚とか引き出しの奥からとかいろんなとこから出てきてたんで(笑)。 この全体数はあの完成車両展示用の倉庫Bにギッチリつめても約2分の1を一気に削っちゃうことになるんで、これは買う量に制限がでるかもしれません。 今日はここまでですが、この後も部屋ではまだ棚整理は続きますw
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-26 23:43 | 長男の部屋 | Comments(7)

Scepter5001スピーカーターミナルの交換(製作その6)

TOPPING TP-10Ⅱ、Ⅲのレポートのため、大分お待たせしてしまっており申し訳ございません、ようやくScepter5001ターミナルの交換(製作その6) です。

代替となるWBTターミナル側の工作は完了しましたので、いよいよスピーカー本体にメスをいれます。画像に赤線で示した部位で配線をカットし、純正ターミナルを取り外しました。
b0161727_17583379.jpg

赤線のところでカットしたのには理由があります。内部配線の長さが結構ギリギリでして、チャンスは一回こっきりという緊張を強いられる作業となりました、実施時は十分ご注意ください!

このように無事にカットできました。
b0161727_187177.jpg

セプターの内部配線ですが、「当時新開発のOFC線(日立電線製)採用で、画像のように芯線をナイロン繊維でしばり、さらにポリエチレン硬質絶縁体とPCV(ポリ塩化ビニル)で包む、3層構造の防振構造が採用されている。(ステレオサウンドNo.81、p.379)」とのこと。しかし、皮膜を剥くのは柔らかくて簡単でした。芯線を包んでいるナイロン繊維は不要なので除去しておきます。
b0161727_1821061.jpg

WBTターミナルとの結合です。作業はネジよるクリンピングでハンダレスです。画像のように無事装着完了!
純正品の取り外しからここまで、片側だけでおよそ15minの作業でした。右chも同様に作業をしました。
b0161727_18281750.jpg
b0161727_18283280.jpg
b0161727_1828499.jpg


(次回に続く。)
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-26 18:30 | オーディオ機器 | Comments(10)

阪急プロジェクト①

 こんばんは、junkyuです。ちょっとデジカメの使用許可が下りなかったので、簡単な文章だけですが、今しばらくのご辛抱をお願いします(笑) ドタバタの末に立ち上がった「阪急プロジェクト」の記念すべき第1弾は、阪急5000系更新車です。(最近絆もしていないし、雷鳥の為にも貯金してボンちゃん買わなあかんし、ホンマ大変ですw)。 倉庫整理とはいえ、サッサと作っちゃえ!なんていう訳はなくて、実車の資料探しから苦手なシール貼りまで家に帰って毎日ちょっとづつ計1週間かけて作りました。それでも8両編成を仕上げるには結構体力が必要です(笑) ドライアイで目が痛くなったり、クシャミしたらパーツがどっか飛んでって行方不明になったりして、さんざん探したものの諦めて寝ようとしたら布団の隅で発見したり(笑) とにかく模型作りは面白いです(僕の失敗の方がおもろいかもw)。そんなわけで画像はまたの機会ですが、あとフル編成にすると大量に余る先頭車を使ってもう一つネタを披露する予定です。ちょっと自信作です。楽しみにしていてください! では今日はこのへんで。
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-25 22:34 | 長男の部屋 | Comments(2)

特急「雷鳥」プロジェクト③+α

 今晩は、junkyuです。今日はいきなり皆様に少しお詫び申し上げます。それは…
 
 雷鳥の件で、中間車の屋根が2パターンあると書きました。これは間違ってないのですが、なんと家にあるモハユニット達の屋根はそのほとんどが「前期のキノコクーラー版」でしたので、ボンちゃんの購入を含め、7月の再販日が来て「後期クーラー版」が手元に入るまでしばらくこのプロジェクトはお休みになっちゃいます。 その代わりに、新プロジェクトを立ち上げます。今度は準備万端ですので心配ありません! 内容は「阪急電鉄プロジェクト」で、内容は今まで作った阪急の車両のグレードアップや軽加工・これから作るものも素組みはせずに実車の話を交えて作っていく… といった形をとろうかな、と予定しています。

 あと絆の話。月曜に連ジ両方で出たのですが、まずジオン。自分はザクⅡで、残り5,6秒でプロガンを落として自分も落ちて、結果引き分けになりました。僕はコストを考えると戦犯じゃないと思うんですが、やっぱりダメでしょうか?  ちなみに連邦では久々に陸ガンを使いました。結果はAランク。これで今日からのバージョン2,05が来てもとりあえずは怖くありません。C連続4回で降格ですからね… 頑張らなくっちゃあ(笑) 今日はこんなとこで終わろうとおもいます。 次は土曜日かな… 新プロジェクト、始動します!
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-22 23:57 | 長男の部屋 | Comments(2)

手乗りデジタルアンプTOPPING TP-10 MARKⅢ

先週ヤフオクで入手した、中国製の小型デジタルアンプ視聴記その2です。

今回はスピーカーをONKYO MONITOR 2000からSCEPTOR 5001に変更しました。
まずは、TOPPING TP-10 MARKⅡでSCEPTOR 5001を鳴らしてみます。大滝詠一のCD「ロング・バケーション」。ボリューム位置は10時~11時のほぼ中間、13:00~15:00まで2時間再生…
「原音忠実」「駆動力」「聴感上フラット」はやはり素晴らしい、SCEPTOR 5001が上から下まで良く鳴っております。
b0161727_845488.jpg


ここでアクシデント発生!真下の階の方から苦情発生です、めずらしく直接こられて「今日は体調悪くて寝ているから、も少し音量下げて…!」とのこと。「ハイ。いつもすみません」とお詫びして、いったんミニアンプの電源を落とし、今度はTOPPING TP-10 MARKⅢに変更し大滝詠一のまま、ボリューム位置はほぼ9時のラインで視聴を続行。
b0161727_8483381.jpg

んっ!ボリューム位置が低いことから、中低域の力感が減衰した以外、音質に大きな違いは特に感じられません。TP-10 MARKⅢでは若干、大滝詠一の声が優しくきこえるかなぁ…気のせいか、MARKⅢのほうがほんのチョッピリ綺麗に聴こえる?!分かりません。このTP-10シリーズですが、デジタル臭さはまったくなくてむしろアナログっぽい音がしております。ここで、TP-10 MARKⅢの内部を確認しましょ。MARKⅡでは水色の箱型フィルムコン(EROブランド?)が電解コンに変更され、基盤も刷新、RCA端子はちょっぴりグレード↓。
トグルスイッチの位置変更(ちょっぴり音が綺麗に感じたのはこのせい??すみません、気のせいかも…)
b0161727_9162427.jpg


ところで、TP-10 でJBL4344が笑うくらい鳴っちゃったとか。あと、『最近話題のデジタルアンプ「トライパス Tripath」の4800円のキットが、かのマークレビンソンを打ち負かすというものです』等、こちらのサイトでは驚愕すべき結果が…オーディオの真実
興味のある方はご覧ください。
(こちらは、本日の主なCDです)
b0161727_9272830.jpg


結論!!どちらを購入しても損はなし、「安物買いの銭失い」には決してあてはまらないですよ!!
(以上、でした!!)
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-19 09:30 | オーディオ機器 | Comments(18)

特急「雷鳥」プロジェクト③

 今晩は、junkyuです。いよいよ製作開始です。まず先頭車から。昨日の通り4種類のうち3種を簡単に製作して、皆さんにお見せしようと思います。
b0161727_2229675.jpg

 左から順にボンネット型、ノーマルタイプ、貫通扉つき200番台、となります。一番左のボンちゃんは都合上白山色です(笑) ノーマルと200番台の区別がつくでしょうか。画像もボケず、貫通扉がよく見えるようにとりあえず「ひばり」っていうのを貼ってみました。上記の通り、これからはかわいくてかっこいいボンネット型のことを「ボンちゃん」ってよびますw 下2つは「Jトレイン」からの画像です。
b0161727_2236888.jpg

 これがA04編成に臨時で入ったボンちゃんの勇姿です(笑) 左端にA04のマークがしっかり入ってますね。これ見てると制作意欲がひしひしと湧いてきます。
b0161727_22405595.jpg

 これはそのA04の反対側のグリーン先頭車です。これも結構イイ感じな車両だと思います。そして中間車ですが、先ほどのボンちゃん画像に写っている中間車を見てもらうと微妙に分かるのですが、クーラーの形状が車両によって違っているのです。これは実車の製造時期の差で、Bトレインで作り比べてみました。
b0161727_22481074.jpg

 左が初期製造の屋根で、右が後期製造の屋根です。Bトレは長さが短いですが、20mある実車の初期車には通称キノコクーラーと呼ばれるあの細長いやつが2,3台付いていますが、後期車は実車もBトレと同じ四角いクーラーが1台で冷暖房がまかなわれています。空調設備の進歩ですねw こんな感じで今日の作業はここまでで、ちゃんとした色のボンちゃんやグリーン先頭が買えるまでプロジェクトはまたダラダラと資料収集の記事になりそうですが(笑)、一応6月ぐらいの完成を予定しています。
 
 ところで、僕にコメントを寄せてくれたある方について、いきなりですが僕の知っている限りで阪急・地下鉄堺筋線の車両のことで書こうとおもいます。まず歴史から。地下鉄と他の電鉄を結ぶために計画された堺筋線ですが、本当は南海電鉄とつながる予定だったらしいです。けれど車両の長さ等の関係で結局阪急とつながることになり、これまで大阪の地下鉄になかったパンタクラフ付きの車両を阪急規格で作ろうということになったのです。それで出来たのが60系。後にクーラーがついたり8両編成になったりしたのですが、ついに2003年くらいに全部が廃車されてしまいました。僕これメッチャ好きでした(Bトレで出たら多分けっこう買いまくるとおもいますw)。この60系のさらなる輸送力増強と後継車として今も全車が存在するのが66系で、たしか8両編成18本の144両がいたと思います。これも大きく3パターンに分かれて…ここはBトレで出たらじっくり書きます(笑) それでその66系ですが、ナントまだ1度も運転されたことのない「急行」の表示が存在するのです!前に阪急高槻市駅で学校帰りに寝過ごしてあわてて飛び下りたところで、一度待避線に入って折り返し運転につく66系の行先表示幕がクルクル回るのを見たのですが、鮮やかな黄色で「急行」の印刷が目に飛び込んだ!っと思ったらあっという間に他の表示に変わっちゃったんですけど、あれは確かに…でも寝ぼけてたかもしれないしな…書いてて自信なくなってきた(笑) どうでしょう、これで大体の説明はついたでしょうか?今日はもう遅いので、また次回で。
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-18 23:33 | 長男の部屋 | Comments(2)

特急「雷鳥」プロジェクト②+絆

 今晩は、junkyuです。プロジェクト第二弾の始まりです。いきなりですが昨日の通り、まず既に持っている車両を消化するということで、例のモハを数えてみました。2両1組だから…
 「雷鳥」用の車両は10両。ユニットが4組とパンタ無し車が2両、ということですぐに1編成作れます(笑) あと問題の先頭車なんですが、いろいろ調べていてついに2編成にしぼりこみました。結果、大きく分けて4種類ある顔全部が入っている「A04」編成と「A09」編成に決めました。ここで雷鳥を知り尽くしている人は「ちょい待ち!」と手を上げるかもしれませんが、まあ続きをお読みください(笑)
 A04編成は大阪寄りの先頭車が「クロ481-2004」で僕のお気に入りの形のグリーン先頭車で、金沢寄りが「クハ481-322」です…といきたい所ですが、ここでjunkyuのこだわりチェックが入ります(笑) 実はこのクハ、2006年10月7日~9日の間に事故か故障かでなんとあのなつかしい、通称「ボンネット形」とよばれる初期製造車が代役で入っていたのです!やっぱり自分の作品ならではのインパクトを付けたいじゃないか、ということでこのボンネット「クハ489-505」のはいった時を再現しようと思います。その他は、また例の付随化されたモハが入っていることぐらいでしょうか。
 A09編成は、大阪寄りが「クロ481-2303」で顔つきが300番台とよばれて皆さんも多分特急といえばこれを思い出すんじゃないかな、という「いつもの顔」で、金沢寄りが「クハ481-228」といって顔中央に連結した時通れるように貫通扉がついている車両です。これにも付随化モハが入ってます。画像があげれないのが本当に悔やまれます。
 予想するに、結構個体差があるこの485系、苦労しそうです(笑) でもその分楽しいということだから、自分の技量と相談して、できるかぎりリアルにしていこうと思っています!
 
 話は変わって絆のこと。wiki見ながらですけど4月22日からまた調整がありますが、ようやくスナイパー機の射程距離が長くなるようですね。あと降格があるのが少佐から……少佐!? おい、おれいま少佐だぞ(笑) まあせいぜいがんばりますよ。Cランク×4回でしょ。うーん、いやな予感がしてきた(笑) それでは、また。 次回から、プロジェクトはついにBトレ工作にはいる予定です!
 
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-18 00:05 | 長男の部屋 | Comments(5)

特急「雷鳥」プロジェクト その①

 今晩は、junkyuです。連チャンでの更新となります。ついにわが「長男の部屋」でプロジェクト始動!昨日から言っていたL特急「雷鳥」Bトレ化作戦です。7月発売ですがお約束の「未組み立てを消化する」を優先してすでに持っている分で1編成作りたいと思います。まずは資料探しから。本棚をゴッソゴッソあさってとうとうすばらしい資料を見つけました(すいません、これから画像全般は土日にまとめます)。イカロス出版の季刊「Jトレイン」28巻です。2008年冬発売の本ですけど、いやあ、この時すでに本能が雷鳥を求めていたんですね(笑) この本の内容は、雷鳥編成1本ごとの非常に細かい特徴や写真がギッシリと詰まっていて、例の工場見学で見つけた組み立て済みの中間車をなるべく軽加工で済ませれるような編成をピックアップしていきます。僕自身JR車両は好きなだけで通学に使わないから阪急よりもよく分からない所だらけなんで、これを読んでくださっている皆様と一緒に「1から勉強」状態でスタートですw
 まず基本から。たいていのJR車両のモーター積み車は「2両1組」となっています(これをモハユニットといい、モハという言葉については後ほどじっくりw)。1両にパンタグラフ(以下パンタ)があり、もう1両さらに動力車をつないで力を増しているわけなんです(パンタというのは電車の屋根についていて架線から電気を受け取るひし形をしたものです)。この「雷鳥」は両先頭車、モハユニット×3、グリーン車1の9両編成で成り立っているのですが…
 ①、実は先頭車がグリーン車で中間に付随者(動力なしの車両のこと)が入っているのがほとんど
 ②、その付随車がパンタを撤去した元モハであることが多い
 ③、先頭だけでかなりのバリエーションがある
   ということが判明しました。 では順に説明します。まず①はつまり本物でいうと「1号車がグリーン車」だったということです。これは持ってないだけで製品化されているので買ってきます(笑) 次に②は、そのままの通り、思いっきり屋根の改造が必要ですね。改造したら塗り直さないといけませんね。1両だけ塗り直すと色がまちまちになりますね。つまり9両全部屋根を塗り直さないといけませんね(泣) そして③は絶対にはずせない所ですから、必要ならば全力で加工します。 っということで濃すぎて分かりづらかったかもしれませんが、今日は「雷鳥の説明と気になる点」でした。ではまた。
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-16 00:21 | 長男の部屋 | Comments(7)

久しぶりに…

 今晩は、junkyuです。今日、久しぶりに友人とヨドバシカメラに行ってきました。僕はまだ「おもちゃ・ゲーム」の階しか用事がないのですが(笑)、鉄道模型とBトレインのコーナー、ガンプラのコーナー場所が大きく変わっていてかなりとまどいました。Bトレについてですが、なんか微妙においてある量が少なくなったような…、っとここまで読んだらグチってるようですが違います。正解は、「あのヨドバシが少ないということは近々何かが来る!」ということです。まあ確信はないんですけど、そんなに近い日じゃないのなら、あります。たまに見ているBトレのファンページの7月の欄に「485系2両セット」の発売を匂わせる表記が…485系っていうと、前の工場見学で発掘したあの「中間車の軍団」がそうです(笑) 特急雷鳥が走る地元には必要不可欠なラインナップとなってます。これは…金貯めないと…それに軽加工でバリエーションが作れるのがBトレのいい所なので、その改造する分も買う数に含めると…みなさん、マジでしばらく約束、守れそうですw 何か字ばっかりですいませんでした。では。
[PR]
by M_-2000 | 2009-04-14 22:42 | 長男の部屋 | Comments(5)