excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:オーディオ機器( 47 )

B&W 805 D3 と YAMAHA NS-5000

本年度、個人的にとても気になっております機材がスピーカー、いずれも新型のB&W 805 D3 と YAMAHA NS-5000です。

5年程も前になりますが、B&W 805は先代のB&W 805 D2を大阪日本橋のジョーシン1番館さんで、ノーマルのチェリーウッドをDENONの当時最高級プリメインと最高級のSACDプレーヤーで鳴らしているのを聴いて、この組み合わせが奏でる解像度の高さには、とにかく驚きました。150円で購入した中古傷だらけのドナルドフェイゲンのBEST版CDのうち「ペグ」という曲をかけてもらったのですが、出だしのイントロからして、自分の真空管プリメインとセプター君からは聴くことのなかった情報量で鳴りだして驚いたのを覚えております。(同じ曲をおもわず3回もリクエストして、店員さんにかけてもらいました。この店員さんは隣においてあったヘリコン400MK2 が音楽を聴くならさらに良いですよ~としきりに勧めておりましたが。)
そんなこともありまして、5年程経ち、もうそろそろモデルチェンジされるのかなぁ~と思っていたら、やっぱり。しっかり新モデルがupされておりました。

b0161727_2043825.png


もう、ご存知かもしれませんが、概略を申し上げますと、従来のダイアモンドツイーターはそのままに、ウーハーを約40年間採用し続けたケブラーコーンに変えて、同じ布ではあるものの、新開発のコンティニウムコーンと呼ばれる素材に変えたとのことで、これにより、より自然な繋がりが実現できたとのこと。詳細はこちらで→http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/800_Series_Diamond/805-D3.html

もうひとつ、こちらはまったく予想をしていなくて、驚いたのですが、YAMAHA NS-5000です。
b0161727_2214030.jpg

外観は見事にトラディッショナル、往年のファンが見れば、一目でYMAHAでは?と分かる意匠。結構好きです。(発売は来年6月頃とあり)詳細はこちらで→http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/special/ns-5000/

機会があれば、実際に聴いてみたいです。
[PR]
by M_-2000 | 2015-10-06 22:04 | オーディオ機器

購入26年目のTVで観たっ! 2012/11/14アジア地区最終予選「オマーン×日本」

久しぶりに更新いたしますっ!

2012/11/14アジア地区最終予選「オマーン×日本」試合直後の様子をハンディカムで収録しました。

まさに乾坤一擲っ!!岡崎選手の鮮やかなゴールが、オマーンを撃破っ!!
そして、特筆すべきは拙宅のこのテレビ「SONY KV-19GR1」です。社会人一年目の赴任地・札幌で初めて支給された冬のボーナスで86年12月に購入したブラウン管TVです。当時、購入直後に映像が出なくなって基­板を無償で交換後は今まで26年間っ!!一度も故障なしなんですよっ!(奇跡ですっ)。内部のコンデンサーとか各素子は、とっくに耐用年数を大幅に超えてるはずなのですが­、持ち主(私)の熱い想いが動かしつづけてると信じております。
一生忘れられない思い出のたくさん詰まった、とてもとても大切な機材(涙) 、これからもずっと大事に、使い続けるつもりです。(*^_^*)

自宅マンションの、長女の部屋にポン置きしてますが、今でも私専用で毎日観ております。ずっと、壊れないでほしいっ(>_<)


(義母邸のお引っ越し完了しました。結局、近所の4F建て公団住宅2Fの3Kになりました。
4.5畳の一部屋を間借りさせていただき、オーディオも搬入完了しましたが、大きな音出すのは難しそうです。まだ、かたずけが残っておりまして、しばらく音出し不能の状態です。)
[PR]
by M_-2000 | 2012-11-21 21:39 | オーディオ機器

(続報)AudioQuestの低価格電源タップ「AC POWER STRIP」の音質について

こんばんはっ

本日は、AudioQuestの低価格電源タップ「AC POWER STRIP」の音質についての続報です。

前回レポートは2009/5/4でしたので、なんと3年越しのご報告となります。

2010年8月に、メインスピーカーをSceptor 5001からGS-1に変更した際、メインの真空管プリメインアンプのAH!のプロローグ2の付属純正2PのACコード(1.8 m)が直接3P壁コンセントに届かなくなりました。GS-1が大きいのと、拙宅のオーディオ部屋のレイアウトの限界から、うまく隙間を通せなくなったのです・・・。

ここは手持ちの電源タップの登場。
しかし、クリプトン製電源タップPB-100(07年2月購入) と拙宅の真空管アンプの組み合わせは何度試しても音の勢いが削がれたように聴こえるのです。どうも、ノイズフィルターのチョークコイルとAH!の真空管アンプはとても相性が悪いようで、そのような報告がwebでも散見されました。(ただし、PB-100と拙宅のアナログ機材DENON DP-59L & フォノイコ・テクニカのAT-PEQ20の組み合わせでは背景が見事に静かになって、その出音も高級感が2段階くらい向上して聴こえる結果を得ておりますっ!)

そこで再登場させたのがAudioQuestの低価格電源タップ「AC POWER STRIP」クン。なお、「AC POWER STRIP」に接続したACコードはクリプトン製電源タップPB-100 付属の純正ケーブルを外して接続しました(すみません、拙宅の手持ちのACコードはこれしかありませんので…。しかし、このPB-100付属の純正ACコード、7000円相当の良品なんだそうです)。

で、早速音出し・・・

とても綺麗で、見通しのよい音。ストレートな味わいも小気味良いほどです。

ということで、現在、AudioQuestの低価格電源タップ「AC POWER STRIP」クンには、真空管プリメインとフィデリックス社のスーパー・ツイーター「アコースティックハーモネーターAH-120K」のACコードを接続し見事に復活っ。(*^_^*)

(画像は2009/5/4の使いまわしでスミません↓)
b0161727_22174834.jpg

(こちらは2012/8 現在↓)
b0161727_225356.jpg


☆ACコードのグレードアップが後の楽しみです。
[PR]
by M_-2000 | 2012-08-13 21:25 | オーディオ機器

デジタルアンプTOPPING TP-10 Mark-Ⅱ音質について

昨日は原則、毎週(土曜)しか聴けない拙宅のオーディオ遊びの日でした。

自宅マンションが手狭なため、オーディオ機材は義母が借りている二間の住宅の片方を占拠しております。
原則、と書いたのは義母の都合(病気で寝込んだり、自室にて体を休めたいとき等々)により、オーディオ部屋に行けなくなることが度々あるから。

そして、昨日はあまりの暑さで、メインの真空管アンプに火を入れる気がしませんでした。

そこで、サブの手乗りデジタルアンプTOPPING TP-10 Mark-Ⅱを繋いだのですが...

2時間程聴いたのですが、ありゃりゃ、pops、Lockの出音がちっとも楽しくない。
ただ、義務的にたんたんと音を出しているだけのように聴こえるんですね、今日は。エモーショナルな雰囲気が、なんか不足してる。なにかが足りない。
今までは、結構聴けるなぁ、なんて思っていたのですが。

CDソース自体の品質、録音状態もあるんのかもしれませんが。
今までと違う、残念な結果に少し落胆。

唯一、楽しめたCDは外山安樹子さんの11年7月発売の3rd Album 『Ambition』のみ。
外山さんのCDだと、pianoの音と、トリオの演奏はTOPPING TP-10 Mark-Ⅱでも楽しく聴けました。これはマジで。

ということで、CDの品質の影響がかなり大きいのは確実、あと、相性とかもあるかも。

(添付の画像は以前の使いまわしで、すみません)
b0161727_20442041.jpg


結局、アンプはメインの真空管に戻し、クーラー全開で、扇風機まで動員して昼ごはん食べるのも忘れて11:00 ~ 18:00までぶっとおし音楽聴いてました。

2009年3月にヤフオクで購入した5,260円の手乗りデジアンと、20万円以上もした真空管アンプ、プリマルーナ・プロローグ2の格の違いを思い知った一日でございました。

2007年2月に12年振りにオーディオ趣味に出戻ってはや5年。少しは違いのわかる耳になったかなぁ~、なんてね...(*^_^*)
[PR]
by M_-2000 | 2012-08-05 20:44 | オーディオ機器

手乗りデジアンTOPPING TP-10 MK-ⅡでGS-1を聴く

昨日の土曜日ですが、義母の都合でオーディオ遊びはキャンセルでした。しかし、本日、12:30~18:00まで、OKをもらい、音楽を鳴らすことができました(良かったぁ~)。

しかし、部屋の暑さは尋常ではありませんでしたので、メインの真空管AMPに火を入れることが躊躇われました。こんなときは、購入価格5000円也の、拙宅のサブのAMP機材、手乗りデジアンTOPPING TP-10 MK-Ⅱの登場ですっ!その鳴りっぷりを、どうぞっ↓(CDPはAH!NT-4000、ソースは今年4月に友人たもたもさんからのいただきものCD-Rです。)


[PR]
by M_-2000 | 2011-07-03 21:02 | オーディオ機器

ONKYO GS-1の内部(ネットワーク)の画像ですっ☆

こんばんはっ!
今日も、とても暑かったですネ!!

本日は義母から突然のキャンセル宣告も無く、原則週一度のオーディオ遊びを無事に迎えることができました(あぁ、良かったぁ~♡)。13:00から17:00まで、時間をもらえましたが、クーラーを入れずに扇風機を付けて、汗みどろで音楽聴いてました(やっぱ、クーラーいりましたわ~)。

そして、GS-1の内部ネットワーク構成についてですが、昨晩にリクエストをいただいておりましたので、デジカメにて写真とってきましたので、ご覧ください~、どうぞっ☆

まず、GS-1の中高音部を裏から見てみます。重量/片chですが、30 kg台前半、持った感覚はYAMAHA NS-1000M一台とだいたい同じくらい、です。↓
b0161727_206787.jpg


こちら、ネットワークですぅ。↓白い立方体は巻き線抵抗体(セメント?)でしょうか…。
b0161727_2075859.jpg


そして、中高音ユニットへ。↓
b0161727_209297.jpg


ホーンの両脇・左右の空間には、空芯コイル、コンデンサーが各々分散配置されております。↓
b0161727_20141082.jpg

b0161727_20143543.jpg


sugaさん、ご参考になりましたでしょうかっ(*^_^*)
[PR]
by M_-2000 | 2011-06-25 20:03 | オーディオ機器

去る3月19, 20日オフ会の続きレポートですぅ。

大分、ご無沙汰をいたしており、誠に申し訳ございません。
何かと用事が続き中断していた日記製作ですがようやく続きに着手することが可能になりまして、生存のご報告を兼ねまして、去る3月19(土曜), 20日(日曜)オフ会の続きをレポートいたします。
19日の日本橋散策、20日のたもたもさん邸でのご様子まで一気にアップをいたします。

3月19日ですが、待ち合わせ場所の天王寺にてそのまま無事に昼食を済ませたエクスクルーシブさんナカナカさんumekichiさん、そして私の計4名は本日の目的地・日本橋散策に向かいました。
到着した時には14:00を回っており、19:30にはたもたもさんと合流して鶴橋の焼肉店で夕ご飯も予定していたことから、駆け足での散策となりました。それでも合計4軒ご訪問いたしました。まず1軒目は「JAZZ喫茶 WING」になります。店内にて、オーナー・hamondさん構築の超絶・完全オリジナルシステムの美音をバックに、美味しいコーヒーをいただきつつ、オーディオ談義を中心にいろいろご教示をいただき、共通のご友人も判明したりと、あっという間に時間が経ってしまいます。一同、大いに後ろ髪を引かれつつ、次なるオーディオ店へと向かいます(hamondさん、またお邪魔させていただきますっ!)
b0161727_2224508.jpg

2軒目は有名な「逸品館」さんになります。『せっかくの機会なので、どうせ視聴するなら、普段あまりお目にかかれないようなハイエンド機器を視聴しましょう。』と一同意見が一致しまして、スタッフに原則、事前の要予約が必要な高額機材の視聴が可能かお尋ねしたところ、快諾を得ました。流石は老舗の逸品館さんです。聴くのは初めてのデジタルドメインのpower AMP「B-1a」が組み合わされた最新KINGDAM(ペア5百数十万円也!)が本当に素晴らしい美音を奏でておりまして、思わず脱帽いたしました。
b0161727_22382017.jpg

(↓中列の最下段がデジタルドメインAMP×2になります。100万超/台!)
b0161727_22393630.jpg

時間を気にしつつ、3軒目、商品の回転の早い「ハイファイ堂」さんになります。ここはいつ来ても新旧機材の見本市!のようなところで多いに物欲が刺激されて、ホントに困ってしまいます。(すみません、写真がありませぬ~。)エクスクルーシブさん、現 soulnote代表の鈴木 哲氏作・marant PA-2が特に気になるご様子でした。ここからは途中、プロケーブルさんの店内を外から軽く拝見しつつ、4軒目の河口無線さんに向かいます。こちら2FにJBLの新型4365の中古品(売約済み、残念!)や、新型B&W 800シリーズ等が展示。3F、4Fはなんとハイエンド機の視聴室ではありませんかっ!ということで、3Fにてオクターブの高額球AMPで鳴らす新型B&W 800D, 802D等視聴後、私は足を踏み入れたことの無かった4Fへとお邪魔しました。そこには知る人ぞ知る、見たことも聴いたこともないハニワ・ブランドの超ド級SPがデ~ンと鎮座ましまししておりまして、同ブランドのリーズナブルなや球AMPで鳴らされておりました。こちらでは専属オペレーターとおぼしき50後半がらみの方が1950年後半のステレオ黎明期のジャズアナログ名録音盤をリッピングした音源を操作し演奏してくれまして、いやはや、楽器の表現力は半端ないスケール感で…。結局、一番長くお邪魔してしまいました。(ハニワですが、アメリカでは特に有名なブランドとのことでした。)
b0161727_2320917.jpg
b0161727_23203086.jpg

時計を見ると、たもたもさんと約束した時間がせまっておりまして、ここ日本橋から鶴橋へと移動いたします。
夕ご飯は鶴橋で19:30 ~ 21:30まで焼肉をいただきました。オーディオ談義に花が咲き、更に、たもたもさんと私の2名は「愛媛低音倶楽部」会長エクスクルーシブさんより、倶楽部員の証しとなる名誉ある特製ステッカーまで賜り、狂喜乱舞状態で多いに盛り上がり、初日はいったんお開きとなりました。
(永久保存ですっ!これから、大いに励みにいたしますっ!)
b0161727_7315714.jpg


オフ会の二日目最終日、集合場所はたもたもさん邸になります。ご自宅は一戸建でして、3FのJBL 4344 MkⅡシステムのほか、2Fリビングには昨年5月からサブにJBL 4320をご所有。10:30過ぎに私が最後に合流し、さっそくリビングの4320から視聴開始となりました。エクスクルーシブさんはシステム検証用のリファレンスとして、各種効果音が収録されたCDをご持参されており、その時の視聴のほんの一部になりますが、動画にして記録しましたので、以下にアップいたします。


たもたもさんは昨年5月のゴールデンウイーク、マイミクtukachanさんとの日帰り愛媛オーディオオフ会遠征を皮切りに、これまで多くのオフ会遠征を自ら体験されておられ、本当に多くのことを感じ取られたご様子。各種手が入れられているこの4320にもノウハウが確実に反映されていると感じました。
JBLユーザーのナカナカさんも「おおぅ、たいしたもんだ。」と仰っておられました。umekichiさんはドライバーによって、「もっともっと、まだまだ良くなるよ~」と仰っておられました。
この後、エクスクルーシブさんの検証用リファレンスCDを拠り所に出音の傾向を確認する作業&更なるセッティング微調整を繰り返し実施(3Fの4344 MkⅡも同様に)。スピーカーをちょっぴり動かしただけでも出音に変化が生じます。たもたもさん邸でのエクスクルーシブさん、ナカナカさん、umekichiさんの凄腕名人共同作業によるこのオーディオ・チューニング作業を間近に拝見するという貴重な体験をさせていただきました。本当に有難うございました。たもたもさん邸の再生音もグッと理想に近づいたように感じました。
そして、たもたもさん御手配のおいしい昼食までごちそうになり、15:00過ぎには解散となりました。なんだかこのままお別れするのが惜しいような、とにかく素晴らしいオフ会でした。皆さま、本当に有難うございました。(^O^)/
[PR]
by M_-2000 | 2011-05-30 22:10 | オーディオ機器

【Blog再開】19日・20日はオフ会でした。

ご無沙汰いたしております。

さて、早速ではございますが、19日・20日の土日週末は、オフ会でした。
愛媛は松山市から、ウメキチさん、エクスクルーシブさん、ナカナカさんの3名をお迎えいたしました。ウメキチさんの運転にて陸路、大阪にいらっしゃいました。
b0161727_21583868.jpg

たもたもさんはお仕事の都合で、初日の土曜日は夜からの合流となりました。

皆さまとは初対面でございましたが、以前からブログ及び日記を、拝見いたしておりました。
◆エクスクルーシブさん 「エクスクルーシヴのオーディオ隠れ家」
◆ナカナカさん 「ナカナカのオーディオ日記」
◆そしてmixiになりますが、 ウメキチさん

ご宿泊先の天王寺のホテルにて待ち合わせをし、昼食をご一緒しながら、土曜日の段取りをご相談しました。オーディオ談義、四方山話と、すでテンションは楽しく上がっておりました。方向音痴かつおっちょこちょいの私は、ナカナカさんが学生時代と社会人の6年間を大阪でお過ごしになられたとのことをお聞きし、安心いたしておりました。(^^♪(つづく。)
[PR]
by M_-2000 | 2011-03-21 22:21 | オーディオ機器

新年、明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中はコメント並びにアドバイスをいただきまして、本当にありがとうございますっ!

1年がほんとに早いです。それに今年は年男でしたっ~~。

基本おさぼりブログでして、おはずかしい限りですが、本年も何卒宜しくお願いいたします。

b0161727_003410.jpg

[PR]
by M_-2000 | 2011-01-02 00:03 | オーディオ機器

GS-1をシングルワイヤーによる「串刺し」結線です(High側からLow側へ)

こんばんはっ!今日の大阪は日中の気温は思ったより、おだやか~でした。
会社で「暖冬なんかなぁ~、やっぱり。」との意見が多かったです。

さて、拙宅のメインSP、GS-1の結線ですが、11/27(土曜)にさかのぼりましての日記になります。
この日、バイワイヤリングを試した後、通常の結線に戻す前に、シングルワイヤーによる(High→Low)
のいわゆる「串刺し」結線(下記の画像)という手法?も試しておりました。

実は、11/27にアップした動画の音声なんですが、いずれもこのシングルワイヤー(High→Low)による「串刺し」結線で収録いたしておりました。

b0161727_22522325.jpg


音質ですが、プリメインAMP使用の場合の上部の黒・赤ターミナルへの通常結線と比べまして、接点が減りますので、明らかに明瞭度がupしておりました。ボーカルだと明確に把握できました。ただ、ホーンからの出音が若干ですが、きつくなってるような…。(振動対策を施していない線材の影響のようにも感じられました。)

また、機会を見て、いろいろ試してみたいと思います。
[PR]
by M_-2000 | 2010-12-20 23:05 | オーディオ機器