excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本日は拙宅にてたもたもさんと二度目のオフ会でしたっ!

こんばんはっ!
本日は晴天にてお日柄もよく、絶好のオフ会日和となりました。
2009年3/5に大恩人、RYOさんさんに手ほどきいただいて本ブログを開設したのですが、その開設時からの大友人、たもたもさん前回に続きようやく2度目のオフ会を拙宅にて催しました。たもたもさん、長らくお待たせをしてしまい申し訳ありませんでした。

本日の視聴のメインは、両chスコーカー不備で長い修理を経て最近ようやく完調となったセプター5001、前回オフ会時に鳴らさなかったアナログ(ADPとDL-103)、そしてLANケーブルを用いて先週試作したフォノEQ~AMP間のRCAコードを聴いていただきました。

ここで拙宅のメインシステムを再度紹介いたします。正面画像の上から、
ADP:DENON DP-59L with DL-103
プリメインAMP:AH! PrimaLuna ProLogue Two (プリマルーナ プロローグ・ツー 、AutoBiasボード付き)+出力管GOLD LION KT88、整流管12AU7はムラードCV4003に換装。
CDPはちょっと見にくいですが、
CDP:AH!NT4000ノーマル+ACコードAH!AC Direkt KB10/1.5mに換装。

中古購入のセプター5001ですが、先日調査の結果、「ウーハーのエッジ破れは静岡のBGMにて特殊コーティングされたクロスエッジに換装、セットでマグネットは再着磁を受けてます。」との情報を購入某shopから得られました。なんでもSP修理を一律BGM社に委託しているとのことで、購入先が本店だったマイミクの雪まるださんお使いのセプター5001ウーハーも間違いなくBGM社メンテのものと思われました。そして、雪まるださんのセプター再生音ですがGoさん測定の結果、ドライブするAMPに違いはありますが30Hzまで伸びておりました!
b0161727_023817.jpg

フォノEQ:DENON AT-PEQ20+試作LANケーブル使用;RCAコード。LPは高音質のマイケル・フランクスの「恋のオブジェ」、たもさん強力リクエストのやしきたかじん「Fou You~やっぱすきやねん」を片面ずつ演奏しました。私的には20年前のおまけコードに比べこのLANケーブル使用・試作RCAは中高音が段違いにクリアになり、低音も明瞭さ5倍増、細かい音もハーモニーも分離度明快、全体的にもすぱっと切れ良く前後の音場感も向上しとても気持ちが良く楽しくてLPを全部聴きなおしたくなりました。たもたもさんも「問題なく聴けますよ~」とのことで、こりゃ今日からメインに決定です。
b0161727_22412860.jpg

プリメインAMP裏側です。AMP~CDP間のインターコネクトRCAケーブル:AH!AS Direkt KB8/1.2mペア
b0161727_22454053.jpg

SPコードはマイミクAMIEさんから情報をいただいていたホームセンターで購入した110円/mのチャイムコード単線0.75sq(装着後4週間超えですが、拙宅ではより線のベルデン赤黒よりクセが無く音抜け良く聴こえます。今日は低音が特によく出ております。40円/mで更に音質が良いのがあるそうなのですが残念!見つかっておりません。)
b0161727_22542672.jpg

電源タップはクセの無いprocable鋳鉄タップ4ヶ口のマリンコ製ホスピタルACコードの3P仕様。
b0161727_0251419.jpg


壁コンは素直・鮮やか・伸びやか、きつさや誇張感がないフラットな音色、音場が左右に無理なく広がる、同じセプター使いで大友人!tukachanさんからいただいた、アメリカン電気7110GDメッキなしリン青銅。
b0161727_4565253.jpg

アナログのカートリッジDL-103ですが、83年6月購入時のものになります。まだまだ現役で、あの良い音を奏でております。
b0161727_23204578.jpg


以上ですが、14:00~17:00まで、お互いのオデオがらみの近況(というかほとんど互いのWebやブログから得た情報とかオデオ話)をぶっつづけ楽しくお話いたしました。そして、ご自宅ではジムラン(JBL)4343BWXを低音McIntosh MC602、高音側パワーアンプSANSUI B-2103MOS等で鳴らしておられるたもたもさんによる、いつも良く聴いておられる主にCDによる肝心のセプター評。「明るいキレイな音(国産らしく、どのジャンルも無難にとにかくキレイにという感じ。)、特に低音は良く出てます!振動が床から体に伝わってきます。」そして「これからますますこなれてくるでしょう。」と励ましのお言葉も頂き、オフ会は無事にあっというまに終了いたしました。しかし、課題は今回のたもたもさんご指摘のように「部屋」ですね。長方形の6畳和室・カーペット敷なのですがSP、機材ラック共に横方向に配置のうえ、視聴位置のすぐ背後にはダンボールに入った家財がところせましと積み上げられ、SP間隔に対する適切なる視聴距離をとるのは不可能。60~70cmの近接カブリより視聴では、どうしても「各ユニットの主張する音が個々バラバラ」に聴こえてきたり、「うるさく」感じる時があります。おいそれとは変えられない住環境や近所迷惑?(低音の階下への響き、音量等)を考慮しますと、やっぱり小型高性能SPも将来的にはありかなぁと強く感じたしだいでした。

たもたもさん、日記で紹介されたアーティストのCD-Rまでたくさんいただき、おまけにCANALEケーブルまで賜り、狂喜乱舞ですぅ、ほんまに、おおきにっでした!(画像のCDはお安く譲っていただきました。)
b0161727_0351636.jpg

そして後日、たもたもさん宅にもおじゃまさせていただく予定です(更なる超弩級のニューウエポン導入のご予定とか…凄過ぎですぅ(@_@;))。今から、ワクワクしますぅ~(また、是非遊んでください~)。\\\(^O^)///
[PR]
by M_-2000 | 2010-04-18 00:35 | オーディオ機器
<< 24日の土曜日はこれを聴いてま... またまたRCAケーブルを自作し... >>