excitemusic

オーディオ、好きな音楽etc・・・いろいろ日記にアップします。
by M_-2000
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りサイト
最新のトラックバック
台風様
from 自然 工房
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


システム紹介 AH! PrimaLuna ProLogue Two 、Njoe Tjoeb4000

メインシステム紹介です。正面画像の上から、

ADP:DENON DP-59L with DL-103
AMP:AH! PrimaLuna ProLogue Two (プリマルーナ プロローグ・ツー )
CDPはちょっと見にくいですが、
CDP:AH! Njoe Tjoeb4000
b0161727_023817.jpg



PrimaLuna ProLogue Two
プロローグ・ツー
イギリスのハイエンド誌「Hi-Fi plus」で「2004年最優秀製品」 受賞
40W + 40Wの大パワー
KT88を4本のプッシュ・プル (AutoBiasボード付き)
b0161727_03131.jpg
プリマルーナ プリアンプ内蔵
入力: 4回路切替
出力: 4, 8オーム
サイズ: 290x380x195
重量: 17Kg
消費電力: 300W
周波数特性:
20Hz-30KHz+/-0.5dB
歪: 1%以内
S/N比: 89dB


フォノEQ:オーディオ・テクニカAT-PEQ20、安価な製品ですが性能は十二分で、なんら不満点を感じさせません。ホコリ付着防止のためビニール袋内に設置です。スペース上、配置が苦しいです~。
b0161727_03255.jpg













次回は、私にブログ開設の機会とご指導を与えてくださり、オーディオの師匠(勝手を申して申し訳ございません!)でもあります、RYO様の日記にインスパイアされて一念発起し挑戦した、Scepter 5001スピーカーターミナル交換の経緯をアップする予定です。乞う?ご期待ください!!
[PR]
by M_-2000 | 2009-03-09 00:24 | オーディオ機器 | Comments(7)
Commented by RYO at 2009-03-09 21:39 x
おお~、挑戦しますか。w
マイミクさんのセプターユーザーは誰も交換に挑戦した人はいないようですので、がんばってみてくださいね。
まずは、裏板外して内部をじっくり観察から初めてみてはどうですか?
接点も磨いた方がいいですよ。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2009-03-09 21:46
おおっ!!
おっきな真空管がいっぱい並んでるやないですか!
なんとも迫力のあるアンプですね。
AH! っていうメーカーは私はしりませんでした。。。
とても楽しみです~
早く聴いてみたいですね!!
Commented by maruseigo001 at 2009-03-09 21:58
はじめまして。
ta-mo-ta-mo さんの所より参りました。

AH!の真空管アンプに同CDP!!。
ホットな音が写真から伝わってきます。

エキブロではないですか!?。
リンクしますね。
宜しくお願いいたします。
Commented by M-2000 at 2009-03-09 22:59 x
RYO様、たもたもさん、こんばんわ!そして、maruseigo001さん、はじめまして!皆様、コメントと励ましのお言葉を賜り、有難うございます、嬉しいです。たもたもさん、楽しみにしていてくださいネ!。

maruseigo001さん、私もリンクをさせていただきました、今後とも宜しくお願いいたしますです。

〔広島ですと、AH!広島shopさんがありますですね、あと、ローゼンクランツ(カイザーサウンド)、サウンドデンも、たしか。私の記憶では良い魚場に恵まれ、本当に良いところであるますですよね。〕
どうぞ、よろしくお願いいたします。


Commented by M-2000 at 2009-03-09 23:02 x
真空管を使用した機材は、オーディオに懲りだしてまもなくの頃から、私の中ではばくぜんと「真空管=音が良い装置である」というイメージがなぜか根強くありまして、ずっと気にはなっておりました。いつかは、という気持ちが。オーディオに出会った80年代は、真空管市場が死に体で、兎に角「高嶺の花」状態でした。しかし、野村監督曰く、「念ずれば、花開く」。ロシアが崩壊して東西冷戦の幕が引かれ、「真空管ビジネスは儲かる!」と東欧諸国とともに巨大国家中国が大量生産にのりだしたのが90年代。そして現在。なんという僥倖!その結果、お値段は手の届くより現実的名なものとなり(ヤ、ヤッター!!)この度AH!にたどりつきました。真空管に触れるのは生まれて初めてでしたので、手が震えましたです、ハイ。生きていると良いこともきっとありますですよね。(当分は、安定供給されるでしょうし。あとはISO規制がコワい~ですが。)
Commented by ta-mo-ta-mo at 2009-03-09 23:47
そうなんですか。
私は少し前まではオーディオというものを少し離れた所から見ていたので、真空管というものはホンモノのマニアにしかさわることが出来ないものっていうような、別世界モノのような感じで見ていました。
自分でもオーディオを始めたことによって、少しずつ近い存在にはなってきましたが・・・
最近unicoを手に入れてから、真空管にも興味が出てきた所です。
M-2000さんのような、真空管が何本も並んだアンプにはまだ、一目置いてしまいます、、、
Commented by M-2000 at 2009-03-10 00:11 x
たもたもさん、強く同意です、そういうふうにも思っておりましたですよ。兎に角、取り扱い、保存、メンテのノウハウ等、何だか、敷居が高そうで、一部のマニアのものかと…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ブログ始めました オーディオ遊びの部屋です。 >>